子どもの居場所

【居場所】ヒカリ珈琲

居場所の基本情報

  • 開催場所:豊中市三和町1-3-15
  • 開催日時:11時から14時、14時から18時、18時から20時
  • 参加費:100円(ドリンク代)
  • 参加受付方法:当日(申し込み不要), 随時
  • 対象者:中学生まで

ひとことメッセージ

駄菓子カフェバーのヒカリ珈琲です。ドリンク100円だがしたくさんご用意しております。

運営団体

  • ヒカリ珈琲

外部リンク

アクセス

  • 電話番号:06-7506-9209
  • メールアドレス:omonishim@koryolimited.co.jp
  • 担当者:表西 克

訪問レポート(2020年12月)

親でも、先生でもない”大人”がいることの価値

いこっとのWEBライターの荒川(あらかわ)です。

今回伺ったのは庄内図書館向かいに位置するヒカリ珈琲。
昭和の空気が漂う佇まいでありながら、内装はモダンな色使いが印象的です。

ヒカリ珈琲は他にはないユニークな居場所。一言でいうと「親でも、先生でもない”大人”がいる」場所でした。地域の子どもたちとフラットな関係性を築くヒカリ珈琲の謎に迫りました。

駄菓子片隅の珈琲豆たち

「駄菓子カフェ」が生まれるまで

あらかわ
あらかわ
すごい駄菓子の量ですね。
店長
店長
これでも減らしたんです。夏休み等はもっと置いてますね。子ども達がめちゃめちゃくるんで。
あらかわ
あらかわ
はじめから子ども向けに駄菓子を置いたんですか?
店長
店長
いや、そんなことないです。

珈琲を出すときに茶菓子があった方がいいと言う声をいただいて、駄菓子を置き始めました。店の前に駄菓子を並べたら、あっという間に売り切れ。次の週ちょっと増やしたら、また売り切れました。それを繰り返していたらこれだけの駄菓子の量になりました。

子どもたちが買いに来る駄菓子たち
あらかわ
あらかわ
子どもたちはどういう形で、利用していますか?
店長
店長
うちは商売でやっているので、子どもたちからジュース代100円はもらってます。来る時間帯も店開いている時間やったらいつでも。たまに学校あるはずの時間にもフラッと来たりします。駄菓子だけ買いに来る子もいます。

店の中にいるときはたまに喧嘩したりしていますが、基本的には宿題したり、だべったり、色々ですね。

あらかわ
あらかわ
どんな子どもたちが来ていますか?
店長
店長
近隣の小学校、中学校の子どもらが来ています。小学生は高学年、中学生は割と全学年くるかな。多分、庄内の地域性があって、縦のつながりが濃いみたいですね。小6の女の子が小2の女の子を連れてきたり、19歳の兄ちゃんが14歳の中学生と一緒に来たりします。

他にもスポーツクラブが盛んなようでサッカーやキックボクシングなどチームで来てくれたりもします。イカツイ感じの子らも多く来ているので周りの方々に誤解されることもあります。

あらかわ
あらかわ
誤解される?
店長
店長
ヤンチャな子達を集めて、更生を促す活動をしているという噂が広がっていったことがあります。うちはそこまでのことはしていないです笑。
あらかわ
あらかわ
なるほど笑。ただ、確かにそれだけ色々な子どもたちのことを見てくださっていると、そういう誤解が生まれるのも納得できる気がします。
ヒカリ珈琲のドリンクメニュー

気に入ってくれる子ども達の為に

あらかわ
あらかわ
ところで店長は何者なんですか?
店長
店長
卸売りをしています。家電メーカーなどに研究材料を販売しています。この場所は父親が以前35年間整骨院をしてた場所で、改装してちょっと前まで別の人がここで喫茶店をしてたんです。その方が店を続けられなくなり、今は色々あって僕が管理しています。
あらかわ
あらかわ
喫茶店も、通常営業されているんですか?
店長
店長
もちろんです。大人相手だとお酒出したりもしています。
あらかわ
あらかわ
卸売り、喫茶店と手広く仕事されている中、子どもたちが来て困ることはないんですか?
店長
店長
仕事できないです笑。子ども達の間で色々起こりますから、ほっとくわけにもいかないですし。
あらかわ
あらかわ
そんな中、受け入れをやめようとは思わなかったですか?
店長
店長
まぁ、暇よりはいいですよ笑。色々な子達が来てくれていますから、とりあえずは続けようかなと。

ここを気に入ってる子達がいるのは感じていますから。

この間も高校生が「お腹すいたぁ」いうて入ってくるのでスペアリブを作ってあげました。有償にはなりますが。

あらかわ
あらかわ
お話を伺っていると店長のフラットな姿勢を子どもたちが居心地よく感じている気がします。
カウンター席。宿題する子ども達で溢れるそう

まずは子ども達に来てもらう

あらかわ
あらかわ
これから居場所を始めたい方へメッセージをお願いできますか?
店長
店長
とりあえず子ども達に来てもらわないとはじまらない。来てくれたら色々なことが起きて、動きが出てきます。

例えば、看板に「駄菓子カフェバー」と書いてあるんですけど、あれ近所のペンキ屋さんが書いてくれたんです。

あらかわ
あらかわ
そんな出会いが。
店長
店長
そのペンキ屋さんはうちに子ども達が来ているのを知ってたようで、「自分もいつかは子ども達に場所を開放したい」と珈琲を飲みに来て相談してくれたんです。

その時に色々話してたら、その方がご好意で全部塗り替えてくれたんです。

あらかわ
あらかわ
素敵なエピソードですね。
店長
店長
本当にありがたいです。その他にも子ども達に何かしたいというご相談を時々いただくんですが、想いを持っているなら、どんなことからでも始めてほしいなと思うんです。

場所を作る場合はとりあえず、子どもらに来てもらえれば何か始まるんで、最初の一歩を踏み出してもらえればなぁと思っています。

あらかわ
あらかわ
確かに、想いがあればこそ、最初の一歩踏み出して欲しいですね。本日は貴重なお話ありがとうございました。
素敵なテーブル席でインタビューをさせていただきました。

まとめ

淡々とした受け答えでありながら、店長からは子どもたちとのエピソードが次々と出てきました。
取材中、近隣にお住まいの介護事業者さんがクリスマス近いからと利用者に配るためのお菓子を買いにやってこられました。

お話を伺ってみると「うちの子どこいったんかなぁと思ったら、ここにきてるんですわ」と語ってくれました。

場所がある、人がいる。子ども達の居場所を作るって、案外特別なことではないのかもしれません。

親でも、先生でもない”大人”の存在がいる場所が増えるだけで、子ども達はもっと暮らしやすくなるのかもしれません。居場所は誰かに与えられるものではなく、誰かとの関係性の中に生まれてくるもの。店長の子どもたちとの関わりからそんなことを感じました。

お忙しい中、取材させていただきありがとうございました!